十一人の侍

imgres

将軍の弟にあたる館林藩藩主・松平齊厚の短気から、忍藩の主・阿部正由が殺された。忍藩次席家老・榊原帯刀は、訴状を老中・水野越前守に届け出た。しかし、齊厚の暴虐と知りつつも、水野は忍藩の非とした。このままでは、藩は取潰しにされると、帯刀は仙石隼人に齊厚暗殺を命じた。隼人は、同志9人と共に江戸に向い、暗殺計画を綿密に練った。一方、館林藩の知恵家老秋吉刑部は、忍藩の暗殺隊を予知し、吉原に入りびたりの齊厚に警護をつけ、逆に隼人らを救うが、浪人・井戸大四郎に妨げられてしまった。やがてある日帰藩するために、齊厚は刑部の率いる50人の騎馬隊に守られ、日光街道をひた走っていった。それを、隼人らが待ちうけていた。

夏八木勲、里見浩太郎、宮園純子、大川栄子、南原宏治、林真一郎、汐路章、穂高稔、青木義朗、菅貫太郎、佐藤慶、西村晃、大友柳太朗

bilibili.com】【nicofinder