山の音

df333556g

1954年日本製作。六十二という齢のせいか、尾形信吾は夜半、よく目がさめる。鎌倉の谷の奥--満月のしずかな夜など、海の音にも似た深い山の音を聴いて、彼はじぶんの死期を告げられたような寂しさをかんじた。信吾は少年のころ、妻保子のわかく死んだ姉にあこがれて、成らなかった。息子修一にむかえた嫁菊子に、かつての人の面影を見いだした彼が、やさしい舅だったのは当然である。修一は信吾が専務をつとめる会社の社員、結婚生活わずか数年というのに、もう他に女をつくり、家をたびたび開けた。

原節子、上原謙、山村聡、長岡輝子、杉葉子、丹阿弥谷津子、中北千枝子、金子信雄、角梨枝子、十朱久雄、木暮実千代

bilibili.com】【nicofinder】【bilibili.com