戦場の黙示録/TOBRUK

imgres

日本未公開。1941年。チェコスロバキア義勇軍は、北アフリカ戦線の連合軍に参加。新兵のポスピカルたちは、エジプトのキャンプに配属された。厳しい訓練を経て、彼らが所属する第11歩兵大隊は、リビアのトブルク防衛任務に就く。そこは、ドイツのロンメル機甲師団とイタリア軍に包囲された、地獄の最前線だった。塹壕にこもった兵たちに襲いかかる絶え間ない砲撃、壮絶な白兵戦。砂嵐が吹き荒れる中、肉体を飛散させ、次々と倒れてゆく戦友たち。狂気と紙一重、人間の限界を超えた過酷な日々。そしてポスピカルの中で、何かが壊れてゆく。

ジャン・メドュナ、ペトゥル・ヴァネク、ロベルト・ネブランスキー、ミハウ・ノヴォトニー、クリストフ・リムスキー、ラディム・フィアラ

GyaO